ABOUT


SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
OTHERS

<< 雄三お別れパーティ&ベル婚式 | main | 2011シーズン開幕!@岡山戦 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - /
『ジャイアントキリングを起こす19の方法』レビュー
今日は本のレビューを。
12月に『ジャイアントキリングを起こす19の方法』という本が
東邦出版から発売されました。



この本の楽しみ方は、大きく分けて3つあると思います。

1.ジャイキリのファンブックとして楽しめます
2.ジャイキリを通して、日本のサッカー界の現実が見えてきます
3.Jサポにとってなじみのある豪華ライター陣による競作です

達海猛監督の巻頭バーチャルインタビューからはじまり、
マンガとリアルのシンクロ感をとことん楽しめる一冊です。

ジャイキリというマンガがいかにリアルに近いか、また逆から見れば
マンガで起きてるようなスゲエことが、現実のサッカー界でも起きている
んだよということを教えてくれて、これからサッカーを見にゆく者を
わくわくさせてくれるはずです。

どちらかというとゴリゴリ戦術トークや評論好きより、そういうのようわからんけど
ジャイキリっておもしろいよね、サッカー見るのも楽しいよねっていうライト層や、
女子サポのためのサッカー観戦入門書としても楽しめると思います。

たとえば、キャラの中でも人気の高いETUの7番を背負う椿大介。
彼は才能がありながら極端にチキンな性格ゆえなかなか本番でその力を発揮する
ことができなかったが、達海監督が彼にかけることばにより、徐々に変貌を遂げて
いく姿を例に挙げて、監督のマネジメントと若手抜擢や埋没の理由に触れています。

またミスターETUであるキャプテン村越を例にあげ、実際にJリーグの中でも
“ミスター◎◎”と呼ばれる選手が数多く存在すること、そんなひとつのチームで
戦い続ける選手の話や、扱いづらいけど天才プレーヤーであるジーノから見る
日本のファンタジスタについてなど、マンガとリアル双方で具体的な選手名を出して
わかりやすく楽しく説明しています。

個人的に興味深かった章は、「サポーターとは何か」と「広報のお仕事について」。

まず、「サポーターとは何か」。
ファンとサポーターの違いについて私たちのまわりではたびたび議論されることが
あります。この本ではその問いに対して、実に客観的に明瞭に書かれていると
思います。ひとことで言えば「大人のサークル活動」であるという言葉には軽く
衝撃を受けました。

ETUにはユナイテッドスカルズといういかついサポーター軍団がありますが、
コワモテの男たちが中心になってドスのきいた声で熱く応援を繰り広げるその姿を
サークル活動であると言い放っていることは、痛快でさえあります。
「サークル?俺たちはそんな甘っちょろいもんじゃねえ!」と、多くの実在する
サポーター団体に一蹴されてしまいそうですが、しかしここに書かれていることは、
毎週末スタジアムに足を運び同じ場所で同じ顔をあわせ応援し、試合以外の日も
仲間同士で何らかの行動を起こしている自分たちそのものなのです。

ただ、他の一見同じように見えるあるひとつの目的を果たすための集団行動と
一線を画するキーワードが、サポーターにはあります。
それは「地域」。この地域をとおして集まる仲間であるということに、サポーターの
意味が見えてきます。スタジアムという異空間では、思考停止して盲目的に声を
張り上げる、それでいいと私は思っていますが、時には、自分たちサポーターとは
何なのかという問いに、スタジアムの外で静かに胸に手を当てて考えてみても
いいかななんて考えさせられます。

そして「広報のお仕事について」。
ジャイキリを読んでいるベルサポならおそらく誰もがETU広報の有里とわれらが
遠藤さちえさんの姿が重なったことと思います。
この章では、クラブチームの広報というお仕事はいったい何なのかについて
書かれてあり、さちえさんのエピソードもちゃんと登場しています。
現在のJリーグにおいて、さちえさんを語らずして広報を語れまいとベルサポなら
日頃から感じているはずで、登場した時はやっぱり!と私も嬉しくなってしまい
ました。そしてあらためて彼女のホスピタリティの高さを確認することができる
はずです。

熱心なベルサポには周知のエピソードでもありますが、こうやって一冊の本の中で
マンガの登場人物とリンクして紹介されていることは正直自慢になります(笑)
この章だけでもベルサポは読んでください(笑。

ほか赤崎から見る代表招集のメリット・デメリットや、ドリさんのような
チームにとっての守護神の存在、フジサワさんってどうやって飯くってんの?
っていう疑問に答えてくれるサッカーライターというお仕事、アルビシンガポール
から見るクラブ経営論など、わたしたちにとって興味深い話題が満載です。

ジャイキリファンもJサポもぜひ一度、手にとって読んでみてはいかがでしょうか。

<執筆陣>
専門誌やwebなど、日頃からJリーグやサッカーに関する記事に
目を光らせている私たちにはなじみのあるライターさんばかりです。

田中滋(ライター/鹿島アントラーズおよび東京ヴェルディ担当)
岩本義弘(サッカー専門会社フロムワン専務取締役)
岡田康宏(サポティスタ主催)
是永大輔(アルビレックス新潟シンガポールチェアマン兼CEO)
川端暁彦(サッカー専門新聞「エルゴラッソ」編集長)
土屋雅史(JSports「Foot!」ディレクター)
北健一郎(ライター)
サッカー / comments(0) / - /
スポンサーサイト
- / - / - /
コメント
コメントする